テーマ:恒温装置

植物 育成ライト

温室の中で、太陽光が当たるのは5時から16時の11時間 残り13時間は日が当たらない そこで、人工的に光を当てて苗の育成を助けようと考えた 「植物育成ライトは太陽の代わりに植物に光合成を与える」 LEDテープの規格 1巻の長さは5m → 2.5mx2本に切断 2巻手配したので、4本 電源 直流12V  → 温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”

毎回、苗作りは途中で枯れる物が出る 今は非常に繊細な時期 温度、湿度、移植時の根の養生、茎を痛めていないか等 今日のパトロールで発見した 枯れた+枯れそうな 苗 茎の先端が細くなった→いずれ枯れる 原因は移植時に強く挟んだ? かびが生えて苗を覆ってしまった→高温多湿ではカビが生えやすい  今日は、10本ほど枯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”プラトレイへ移植

ポリポットへ移植して残った”激辛トウガラシ” 5cm角のプラトレイに移植しました カバーがないので保温が心配 温室の上部に棚を作った 電球で養生すれば少しは暖かいのでは 移植出来ずに残った苗は20個ほど これから春になるまでに枯れるものが出てくるので、そのための補充用にする
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”ポリポットへ移植開始

プラトレイで育苗し、本葉2葉が伸び始めました 風邪で休んでいたため、かなり茂ってきました ポリポットは7.5cm トレイ1枚あたりには5個x8列で40個入る 寒い日は避けて暖かい日のみ作業 30度くらいの水が用意できれば寒い日でも土に水をかけられるのだけれど 12枚 3枚の内上段1枚は”キャロライナ・リーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”キャロライナ・リーパー”の発芽 1月19日(11日目)

”キャロライナ・リーパー”が半数ほど発芽しました プラトレイに培養土を入れ、ピンセットで発芽した種を一粒づつピンセットで移植した これをプラケースに入れる  今日発芽した分は、プラトレイに18株移植した プラケースと未発芽の種は、恒温装置の中へ戻した
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”の発芽 1月19日(18日目)

葉が出始めそろそろ移植と思っていたら、風邪で寝込む 今日見てびっくり ほとんど葉が出ていた 最後の写真は、トレーに移すのが面倒で直接培養土を入れて1cm間隔で植えたもの まさか全部葉が出ているとは思わなかった しばらくは、透明カバーで保温をして日光浴をさせるつもり でも、すぐにポリポットへ移植しなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”の発芽 1月16日(15日目)

何本か発芽して本葉が見え始めました(恒温装置最上段) あまり発芽していない(恒温装置 中段) ほとんど発芽していない(恒温装置最下段) 上段は良いが、下段に行くに従って発芽状態は悪い これは、恒温装置(発泡スチロール箱の積み重ね)の最下部に白熱灯を点け保温しているため暖かい空気が循環せずに外に放出してしまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”の発芽と移植3回目

全ての種が発芽してた 毛根も見えるので、移植3回目→最終 発芽しなかったのは20粒くらい 全部で12パレット と言っても、最後の2枚はケースに直接土を入れて、1cm間隔で植えた 一番下に白熱灯を入れて、積み重ねた容器は5段 芽が出て、葉が開くまでは暗いけど暖かいこの保温箱の中
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”の発芽と移植開始 1月8日

”激辛トウガラシ”を播種してから7日目 発芽した種が増えてきたので、一部移植を開始しました 発芽は、初めに白い根が生え、それが伸びると毛根が生え始める 毛根が伸びてから移植すれ良いのだけれど毎回問題になるのが「かび」 温度30℃は、発芽に最適だけれど、「かび」にも最適な温度 プラトレイに培養土を入れ、ピンセットで発芽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”の発芽開始 1月5日

”激辛トウガラシ”を播種してから4日目 一部発芽を開始しました 真ん中の一粒が発芽し始めた 高温装置内の温度は、夕方から朝まで点灯していたため 23.3℃ やや低い 新しい恒温装置(年末に作成した段数可変の発泡スチロールの箱)に移動 24時間点灯に変更 昼間35℃夜間30℃くらい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”激辛トウガラシ”の播種 1月1日

年の初めは種まきから ”激辛トウガラシ”の発芽作業 密閉容器にキッチンペーパーを敷いて種を蒔き、湿らす程度に水を注いだ 発泡スチロールの箱に入れて20ワット白熱電球で保温 現在保温箱で別の作業(キュウリの接ぎ木育苗)をしているのでしばらくは相部屋(?)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月準備作業

種 ”激辛トウガラシ” 用意した種は、昨年収穫した中から良さそうな物を約300粒 直植え100株、プランター160株の予定 ”キャロライナ・リーパー” 注文した種は20粒 送ってきたのは10粒x2袋 でも、中を見るとそれぞれ20粒と50粒 合計70粒も入っていた! ”キャロライナ・リーパー”は世界一の激辛! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐辛子 流れ作業

唐辛子を含めて、今までの栽培方法は 1:種をまく 2:芽が出たらセルトレイに植える 3:大きくなったらポリポットへ移す 4:さらに大きくなったら 定植 直接かプランター という流れですが 1の種まきから4の定植するまで種を蒔いた数すべてではなく必ずロス(失敗)が出ていました 昨年の唐辛子は種を十分な数を蒔いたつもりだったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐辛子 とんでもない勘違い?!

唐辛子が芽を出したので、セルと例に植えました 一カ所に2粒ずつ植えました ネットを呼んだときに2本立てにするとよいと書いてあったので2粒ずつ植えました ここが勘違いでした ”2本立て”を一カ所に2本植えるものだと思ったのですが、よく読んでみると 苗が生長したとき枝を2本にして3本目以降は脇芽を摘んでしまう ということでした ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐辛子 ぼちぼち発芽

セルトレイへ移して3日 播種から8日(12月31日に始めたから日数を数えやすい) ぼちぼち発芽し始めました 左下を拡大 1cm下から伸びてきた 右下を拡大 夜間の収納場所 - 恒温装置 芽が伸びるとケースの底に当たるので、生長してきたら 空ケースを逆に被せて空間を作る予定 この装置はプラケースを5段重ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐辛子 セルトレイへ

播種5日目の激辛唐辛子 ほぼ全数が発芽したので急遽セルトレイへ移植することにしました 発芽した様子 発芽しなかった種は6粒 発芽したのは91粒 発芽率94%でした セルトレイへ移植したところ 1穴に2粒ずつ移植したので46穴使用(2枚半) プラケースに入れて重ねて養生 温水に浮かべることは出来ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激辛唐辛子 発芽開始

暖冬を信じて、暦を無視した”唐辛子”の栽培 播種4日目で発芽開始しました 種が小さくて見えづらい 拡大すると 発芽し始めているのが分かる 発芽した種を整列すると 発芽した種 63粒 未発芽の種 34粒 現時点での発芽率は65% 数日後にポリポットへ移植する予定 ネットで調べたら「唐辛子は2本立ち(1か所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激辛唐辛子の播種

今年の冬は暖冬傾向! 今日の気温は外気温12℃ 庭でツツジが一輪咲いています 今年の唐辛子は 3月30日 播種 4月 4日 セルトレイへ植え付け 4月30日 ポリポットへ植え替え 5月31日 定植 7月末から10月まで収穫しましたが、木自体はあまり大きく育ちませんでした もう少し早く始めないと木が育つ時間がないと思い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温室解体

気温が暖かくなってきたのでベランダの温室を解体することにしました 解体するにも空間一杯に作ったので大変でした 全体を傾けて屋根の波板を撤去 周りのビニールシートを外し 部屋に入らないので、ロープで吊し、下ろした 冬まで待機 よく見ると塗装していない 温室として使っていた時は湿気がすごかったので次回使用する前に防腐処理を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒温装置の温度

恒温装置 - 発泡スチロールの箱に熱帯魚用のヒーター+水を入れた装置 24時間通電しているので箱内は一定温度 では何度? (想像では25℃) 温度計を設置しました 4個目! パソコンの循環水 30℃ 循環水を使った温室内 昼間30℃夜間10℃ 外気温 夜間5℃ 恒温装置に播種したとうがらしを入れています とうがら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育苗箱用棚の制作 完成

育苗箱用の棚 計画から1ヶ月半 やっと出来ました 材料の都合で、扉、家側側面、背面はビニールシート 庭側側面と天井は透明な波板を使用しました 扉を付けた状態 扉ははめ込み式で  下側は本体から突起を出して扉側に穴を開けた 上側はちょっと遊んで木のキーを付けました あと、前面シートなので、取っ手をつけました このシートは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育苗箱用棚の制作2

育苗箱用の棚を作ろうとして庭で材木を切断してから2週間たちました 外の作業は寒くてなかなかやる気が出なかったので、思い切って組み立てを室内ですることにしました それでも、細かい切断作業はプラ箱の上で切りくずが散らないようにしました 最近の日曜大工は釘を使わず、木ネジを用いるため室内でも大きな騒音を出すことなく作業できます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温室 温度測定

出来たばかりの温室で温度測定をしました 時間は、夜9時45分 窓を開けると足下が寒い 気温12℃ 測定は温度計を上から隙間に差し込み、センサーを空中に垂らした 10分待って測定 結果は17.3℃ 循環している液の温度は32.9℃ 水槽のふたを少し開けただけなのでこの程度 自然な空気の対流だけで暖めているのでこれで充分役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越冬対策 ハバネロ、ブートジョロキア

育苗棚の制作に取り掛かり、材木を切り終えたところで 急に寒くなり出した 夜か特に冷える ハバネロとブートジョロキアの越冬対策を先にしなければ! ついでにアボカド の苗も 1 室内に置く 虫嫌いが1名いるため却下 2 物置に置く 暖房がないから意味がない 3 温室を作る →暖房はどうする →ベランダにパソコンの放熱用水槽がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育苗箱用棚の制作

発芽して育苗する時、発芽した苗は茎が細く風によく揺れているのを見かけます 水を掛けすぎるとすぐ倒れてしまいます この茎が細い時期 雨に当たらないように雨よけをしたり、風が強う日に場所を移動したりと 結構気を使います そこで、この育苗時期に育苗箱をしまえる小さな温室のようなものを作ることにしました 条件 風の影響を受けない密閉さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒温装置 最終回

恒温装置に温度計を取り付けました。 温度センサーは発泡スチロールにカッターで切り込みを入れ、差し込みセンサーは箱の中で宙ぶらりんにした。(室内の温度を正確に計るため、センサーが壁に触らないようにした) 表示部分は室内に設置し常時監視できるようにした ふたの開閉をしない状態では、昼夜を問わず22~23℃で安定しています 現在は言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒温装置その2

本日、購入したヒーターが到着しました。 早速、ホームセンターに容器を買いに行きました。 装置の使用について色々と検討(空想)した結果、 容器の 材質は発泡スチロール製が断熱効果を考えると最良だろう決め 寸法は中に熱源としての水槽と発芽器(密閉容器)のほか、種苗ポットを箱ごと入れられる大きさ→幅50cm、奥行き40cm、高さ37…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発芽時の温度管理(装置)

今朝は霜が出るほど寒くはなかったのですが、まだまだ寒い日が続いています。 発芽器で発芽させようとするのですが、昼間は太陽があるので暖かいが、夜間は寒く、気温も下がり決して発芽に良い温度ではないと思います。夜は毛布でくるみ室内においているのですが、温度は低い! そこで、あり合わせの物で高温装置を作りました。 必要な物は、箱と熱源 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more