植物 育成ライト

温室の中で、太陽光が当たるのは5時から16時の11時間
残り13時間は日が当たらない
そこで、人工的に光を当てて苗の育成を助けようと考えた

「植物育成ライトは太陽の代わりに植物に光合成を与える」

画像

画像

LEDテープの規格
1巻の長さは5m → 2.5mx2本に切断 2巻手配したので、4本
電源 直流12V  → 温室の電源はバッテリー12.6V
LED素子  → 赤色:青色= 4:1 1本あたり150個のLED
消費電力 4本で3A 36W
防水処理塗装テープ

画像

仮に付けたので少したれている
画像

以前から有った赤色LEDと桃色LEDの2本
画像

屋外から見たところ イヤイヤ明るい 近所迷惑にならない範囲で・・・

バッテリー電圧に関する雑談
LEDはかなり繊細で、点灯させる電圧計算は慎重にする必要がある
温室の場合、コントローラーを使っているので計算は12.6Vです(コントローラーでは11.6Vから13.6Vの範囲でLEDに電気が流れるようにセットしています)
車の場合、ダイナモ(発電機)とバッテリーが直結なので計算は14.4Vで行う
このLEDテープを車で使うには2.4V下げる抵抗が必要になる そうしないと加熱して破裂するかも?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック