とうがらし農園の完成

毎年発芽で苦労する”とうがらし類”

画像

激辛とうがらし - 一昨年は70本で豊作、昨年は60本で不作
種は昨年採れた物
栽培方法を良くつかめていないので、播種時期は1月から始めた
*恒温装置に播種
*プラケースに培養土を入れて、直接播種
それぞれ、時期をずらしてどんどん作る
発芽したらポリポットに植え簡易温室へ
苗作りは途中で枯れる物が出るので最終的には150個ほど作り
定植出来たのは110本

画像
ハバネロ - 一昨年、昨年ともに発芽から苗はゼロ 一昨年購入した苗2本が今年3年目 (簡易温室で越冬)があるのみ
今年は、苗作りがうまくいった 定植した苗は12本 3年生も鉢から出して直植え
成功したのは、播種-発芽-プラトレイ 全て恒温装置の中で養生したこと

画像

ブートジョロキア - 一昨年、昨年ともに発芽から苗はゼロ 一昨年購入した苗1本は昨年の越冬に失敗して無し
今年は、一昨年の種を播種 苗作りがうまくいった 定植した苗は30本

とうがらし類の苗作りがうまくいった理由は
とにかく、苗の初期に枯れるので、補充できる予備を作っておくこと

画像

仕上げに水やりの手間を省くために通路を水路にした
水ホースを固定して10分も出せば奥まで水が行き渡る(いいね!)

その他のとうがらし類も定植 紫、七色、チェリー、巨大 それぞれ3~5本

とにかく、今年はとうがらし農園

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック