次回(来年)の予告

今栽培するものは全て土に植えてあり、冬を乗り越えて春を待つだけです
体を動かす作業というものがなくなり そろそろ次は何を育てようかと考える時間が多くなります
もちろん、一般的な作物は次回もするのですが 他にも何かないかと色々調べています
そこで目に付いた1軒の種屋さん 変わったものがあったので注文しました
画像

6種類あります 
画像

貝豆 なにそれ?という感じ しかも種類が”つるあり菜豆” なにそれ?という感じ
あさりやしじみ貝の形と縞模様の菜豆 またしても、なにそれ?という感じ
ものすごく興味がわいて飛びついた種
”病気に強く家庭菜園におすすめ”の文言が後押ししてくれた
画像

キャベツ 札幌大球 話には聞いているが見たことはない 最大15kg なにそれ?という感じ
かつて満足なキャベツ出来ていないので 1/10の出来でも1.5kgなら良いか!と言う軽い気持ちで・・
画像

黒ごま 興味はあったけど作る気はなかった でも、売っていたのでつい手を出した
画像

べにぞめ葱 一度も成功していない葱 真っ赤というのが珍しくて
画像

いちず菜豆 普通の細長いいんげん
ただし、”長期どりができる”という言葉に惹かれた 今年もこの種類を栽培しましたが収穫はせいぜい2回、それで終わり 絹さやみたいに長期間収穫できるならば是非にと思って
画像

石倉根深太葱 以前失敗したものと同じ種類 違うのは北海道産だから強くて生育旺盛?

というわけで、これを先買いしました
その他、海外にも目を向けて色々物色しています
画像

1個はすでに購入済み 
とうがらしで実の長さが50cm以上になるというから これは期待しなくっちゃ
種が待ち遠しいが、海外の場合来るまで1ヶ月は待たないといけない

こんな調子だから春までにどれだけ種を仕入れるのか分からない
でも、来年の菜園全景を想像している今が一番楽しいのかも

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック