ソラマメ 絹さやインゲン 定植

遅れていたソラマメ 全粒が発芽しました
絹さやインゲンは苗の状態が揃っており、定植するのに十分ということで、今日定植しました
定植といってもプランター 前回もそうでしたがソラマメと絹さやインゲンはプランターへ
画像

ソラマメの発芽状況 早い株は葉が4枚 遅い株でも発芽開始
ポリポットの底穴から根が顔を出しているので 今が定植時
左上にあるのは”黒豆”こぼれた実が勝手に発芽していた この時期発芽しても冬を越えられるわけもなく・・ とりあえずこのまま育ててみることに
画像

画像

絹さやインゲン 白花と赤花 どちらも苗の高さは8~10cmと揃っている
画像

プランターの準備
プランターの土 下半分
土と未完熟堆肥を3:1 +米ぬか、苦土石灰、化成肥料
上半分
土と完熟堆肥(ピートとバーク)を2:1
画像

定植前
画像

ソラマメ定植完了 プランター10鉢(前回は11鉢)
画像

絹さやインゲン定植完了 白花13鉢、赤花11鉢 合わせて24鉢(前回は20鉢)

これでソラマメと絹さやインゲンの作業は春までなし 
霜対策で稲わらを用意したけれど、前回は何もしなくて問題なかったので考慮中
前回みたいに積もるような雪が降るようだったら、トンネル支柱とビニールで防護する

前回、両側に支柱を立てロープを渡してそれにネットを垂らしたが、絹さやが重すぎて絹さやの蔓が上へ伸びずにネットが下がってしまうということがあったり、しまいには重くて支柱ごと全体が倒れるということもありました
今回は、ネットの固定をしっかりやろうということで、考えを図面にしています
支柱2本を5本に、横の渡しも支柱の棒を使い、
絹さやの重量に耐え、横風に耐えるものを検討中

ソラマメは両側の支柱とロープだけで問題なかったので今回も同じ支柱を使用する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック